ブログ

人生に魔法がかかる!プリンセスに学ぶ最強の引き寄せの法則

ディズニープリンセス好きですか?
最近はアニメから実写になったり、グッツも沢山出ていたりと人気ですね。

そんなプリンセス達の物語の中から、夢を叶える方程式を発見しました。

このお話を最後まで読んでいただけると、
プリンセスのように、夢だった状況が向こうからやってくるような自分になれますよ。

女性だけではなく男性も
今までよりもずっと早く成功できるようになりますので、ぜひ読んでみてくださいね。

■プリンセス嫌いだった私が白雪姫から発見した最強の引き寄せの法則■

こんな記事書いておいてなんですが、
実は私、プリンスセスストーリーが好きではなかったのです。

もともと男っぽい性格なので、王子が迎えに来るラブストーリーよりも
冒険活劇とか勇者が悪者を倒して世界を救うような話や
数々の困難を知恵と力と努力で乗り越え夢を掴み取るような話の方が好きです。

そんな私が一番よくわからなくて苦手なプリンセスが『白雪姫』でした。

白雪姫は棚ぼた姫だと思っていた私

ディズニーアニメを見たときは
「小人の家に居候のくせに態度デカすぎ!」
とイライラしていました。

特に自分で何を成し遂げた訳でもなく、
小人の忠告を守らず、もらった毒リンゴをなんの疑いもなく食べる。

しかも自分で努力をしたり知恵を出したりする訳でもなく
棚ぼた式に王子と結ばれる。

この「何もしてないのにラッキーで上手くいった感」が私のモヤモヤポイントでした。

しかし、精神世界について勉強すると考えが変わってきました。

この何もしないで上手くいく
いわゆる

「引き寄せの法則」を一番強く体現していたプリンセスが白雪姫

だったのだと。

■プリンセスストーリーに隠された最強の引き寄せの法則とは!?■

白雪姫の何が凄いのか。

それは、

どんな逆境の時でも光を見続けることができる精神力。

これに尽きます。

小人の家で歌って踊って楽しくノーテンキに過ごしていた彼女ですが。

よくよく考えてみると、彼女、母親に暗殺命令をかけられ
命からがら逃れてきた被害者です。

ディズニーでは継母ですが、原作のグリム童話では実の母親です。
家族が自分を殺しにきたんですよね。

当然、帰る家もありません。

小人というと妖精的なフンワリした存在のように思われるかもしれないですが、
実際は鉱山で肉体労働をするガテン系の小さいオッサンですよね。

その宿舎みたいなところに住見込むほかに生きる道は無かったのです。

小人はファンタジー風に描かれていれば可愛いでしょうが
リアルに想像すると、ぱっと見、汚いし汗臭そうだし、男所帯で部屋もカオスです。

そして白雪姫のあのノーテンキぶりから見るに、
もともとはお城で蝶よ花よと育てられてきたのでしょう。

お城のプリンセスから小さいおっさんの家で家政婦になる転落劇

生き残ったことを女王に知られたら
追っ手の暗殺者だって派遣されるかもしれないのです。
明日にも殺されるかもしれない立場です。

家族が敵なので帰る家もありません。未来の展望もありません。

 

そんな状態だったら自分はどんな心境なんだろうと考えたことはありますか?

 

私はいっそ、最初の狩人に殺されていた方がマシなのではと思いくらいです。

そんな中、汚いおっさんの家を掃除し、料理を作り。手を洗わせ、
歌って踊って楽しく暮らして白雪姫。

完全に頭おかしいです。記憶喪失を疑われるほど、自分の状況を把握していないです。

過去の不幸な出来事。未来にの不安に全く関心がない。

『今、この瞬間』のことしか考えていないのです。

目の前に汚れた部屋があったから掃除する。
料理の材料があったから料理する。

 

「私は居候だからここで生き永らえるために掃除をして小人達の機嫌を取らなくては。そのあとは食事を作って機嫌を取ろう。そうすればとりあえず生き延びられるかもしれない。」

とも思いません。

「私はプリンセスなのよ。なんでこんな生活をしなくちゃならないの!」

なんてプライドもない

「いつまでこんな暮らしをすればいいの?お城に戻れるのかしら?追っ手の暗殺者がきたらどうしよう」

などと未来を見て不安に思うこともありません。

ただ、「今この瞬間」

目の前のことを楽しんでやり、目の前の人を大切にし、
みんなで楽しく生きていたのです。

 

毎日労働で疲れた小人たちも、そんな白雪姫といることで、
心に光が灯ったことでしょう。

 

どんな逆境の時であっても光である精神が、本当に光の現実を作り出し実現化した。=王子が出現ハッピーエンド

そういうストーリーが白雪姫なのです。

ただ、寝ているだけで王子が来て勝手に幸せになったのではなく

どんな状況でも幸せだった白雪姫が幸せな現実を作り続けただけの話でした。

継母は、もともと王様と結婚しているだけでも幸せな立場だったのに
人と比べること、過去の美貌にすがること、それが衰えたことによって自分の未来を不安視したことが不幸の始まりでした。

■プリンセスの物語は引きせの法則を使って幸せになる話■

白雪姫を特にクローズアップしてとりあげましたが、

昔からあるプリンセスストーリーは大体『引き寄せの法則』で幸せになっています。

シンデレラも継母のもとでこき使われていた下女でしたが、
心は「信じていれば夢が叶う」と疑わなかったので、魔法使いが現れてくれました。

 

一方、眠り姫は少し特殊なお話で
どちらかと言えば、王子がイバラの城を乗り越え、やドラゴンを倒し、姫を救出する
冒険活劇にフォーカスが当たっている物語ですね。

 

女性性的な成功の法則と男性性的な成功の法則は違いがあります

一般的な
・ゴールを設定
・自分のレベルをあげる
・障害を乗り越える

そして夢をゲットするという、男性の好む冒険物語は
自己啓発やビジネススキル人脈などを構築して成功をしようとする

男性的な成功へのアプローチ

 

一方プリンセスの物語は

・どんな状況でもその場の光(優しさ・癒し)になる。
・光(希望・夢)を見続ける。
・目の前の生活を大切にして生活をする
(掃除や料理を楽しんで・目の前の人を大切にする、小人や継母や姉、動物達)

ことで、次のレベルの光の状況が向こうからやってくる
(王子だったり、夢を叶えてくれる魔法使いだったり)

それが女性的な成功へのアプローチ。

 

私はまるで男性型が剣 女性型が魔法のように思えます。

剣と魔法。両方使えたら最強ですね!

 

■プリンセスに学ぶ引き寄せの法則、引き寄せの法則で夢を叶える6つの方法!■

 

★1どんなときも。夢や希望を持ち続ける

いつでも光を見続けます、すると光の現実があなたを迎えにきてくれるのです。
どんな時でもハッピーエンドを信じましょう。

★2 目の前の悲劇に飲み込まれない

プリンセスに悲劇のヒロインはいません。今のあなたの現状を嘆いたってしょうがない。
歌いながらお掃除でもして今、出来ることに目を向けましょう。

★3 過去に囚われない
シンデレラは「こんな町娘の使用人が舞踏会なんて、とんでもない」なんて思いませんでした。
過去からの積み上げてきた自分の枠以上の奇跡に心を開いて受け入れること。
人生に魔法がかかるはあるのです。

★4 今、目の前の人を大事にする

プリンセスは意地悪は継母やお姉様も大事にします。
小さいオッサンの小人も偏見を持たずに大事にします。
動物たちにも優しくします。

自分から溢れ出る光を与えることに惜しみません。

嫌な上司、気に入らない姑や嫁。または夫、言うことを聞かない子供達。

そんな人たちもいるけども、心を込めて、
今自分に出来ることを出来るだけ楽しんでやれるといいですね。

★5 毎日の生活を丁寧に生きる

掃除や洗濯、料理、日々の暮らしを楽しみながらやる。

自分のため、みんなのためはもちろんのこと、
プリンセスはその行為自体を楽しんでやっていますね。

歌いながら踊りながら家事を生活を楽しんでいきましょう!

★6 自分の楽しみを忘れない

プリンセスは家事をして疲れてただ寝るだけの生活ではありません。

どんな状況でも自分を楽しませることを忘れません。

歌だったり踊りだったり、お裁縫だったり、好きなことを追求する時間を
必ず持っています。

毎日をやらなければならないことだけで一杯にしません。

自分の好きなこと、やりたいことを楽しむ時間を
忙しくっても工夫しても持ついいですね。

■まとめ■

いかがでしたか?

最近のディズニーは冒険するプリンセスも多くなりましたが
古典的なプリンセスストーリーは、
昔の、自分の立場を自分で選ぶことの出来なかった女性達が
より素晴らしい未来を送るためのヒントが満載です。

ディズニープリンセスストーリーは引き寄せの法則のお手本。
ぜひ参考にして、あなたのストーリーにハッピーエンドを引き寄せましょう!

 

ちなみに私は男性的な冒険活劇だった「モアナと伝説の海」が一番大好きです。

また、男性性的な成功の法則についても触れていきますね。

ではまた〜

前世占いで自分の使命がわかる?タロット前世占い師の私が思うぶっちゃけた話

前世って本当にあるの?

興味はあるけど、なんだか怪しくってちょっと怖いイメージで飛び込むことができない。

そんな風に思っていませんか?

この記事を読んだら、疑いが必ずスッキリ晴れますよ!

・・・とは限りませんが、

そんな簡単なことだったのか!

と思ってもらえたらと書きました。

私は今、ハワイアンアロハタロットで前世占いをしています。

実は私自身も、ハワイアンアロハタロットで占ってもらうまでは

なんとなくあるかもしれないな~って程度で前世についてあまり考えてきませんでした。

しかし、ハワイアンアロハタロットを学ぶ過程で、前世を占ってもらったその日から、

今までなんで私っこうなんだろう?

と思っていたことが

「あぁ!そうだったんだ」

まるでパズルのピースがパチリと合わさるようにわかってきました。

そしてダメだダメだと思っていた自分を

丸ごと許して受け入れられるようになったのです。

だから私は「前世がある」という考え方を採用することにしました。

■前世の記憶を話す子達がいる■

前世の研究で有名なのは

アメリカのヴァージニア大学精神科です。

主任教授の

イアン・スティーヴンソン氏

やその後任の

ジム・タッカー氏を中心にした

研究グループが40年以上にわたり

「前世の記憶を持つとされる子供達」の研究を行なっています。

彼が率いる研究グループは、

東南アジアを中心に、

前世の記憶がある子どもたちの事例を

2300例以上も集めてました。

イアン・スティーヴンソン氏の調査は

前世の記憶がある子供に

面接で話を聴き、

その子供が話していたような人物が本当に当時の時代にいたかどうかを実際に探しすというものです。

その結果2300人以上の子供が話した生まれる前の記憶と一致する人物がいたととのことです。

子供達が前世の記憶を話し始めるのは

言葉が喋れるようになる2歳から5歳までの間。

しかし、ほとんどの子供達は8歳以上になると前世を語るのは辞めてしまいます。

さらに成長するにつれて、自分が前世を覚えていたことすら忘れてしまうそうです。

前世の記憶をもとに実際にそのかこの人物を実証できた例は

ほとんどはアジアの子供達の証言からです。

欧米の子供の中で実際のその人物が確認できた事例は、2、3件しかないそうです。

もともとアジアには輪廻転生に基づいた文化があり子供の話を受け入れる体制ができているので証言を集めやすいのです。

ところが欧米では、

キリスト教の文化なので輪廻転生の概念がありません。

子供が前世の事を話すと、親は驚きそれはとても異常な事で、

まるでそれが、とても悪い事のように反応します。

すると、子供は親の嫌悪感を読み取り、

アジアの子達よりも早く前世の記憶を話さなくなるのです。

前世が本当にあるかどうかの研究は、

現在でもなお、多くの事例を学者たちが検証しています。

前世や輪廻を実証することは、

人間の持つ本能的な恐怖。

「死んで何にもなくなる」

を乗り越える大変意義のある研究です。

科学的に証明されたら、今で当たり前だと考えられていた様々な科学的前提がくつがえりますね。

そんな未来がきたら、とても楽しそう

私は思います。

■前世占い師として前世についてこう付き合っていけばと思うこと■

正直に言って、現段階で

前世について疑っている人に

証明することって不可能かなと思っています。

私は何だか辻褄があってスッキリしたし、それでよかったと思っています。

前世を知って人生が変わるということは、

例えば、漫画を読んで影響されて人生が変わることと同じだと思うのですよね。

人によってはそれが映画だったり、小説だったり、ゲームだったりと色々何ですが。

人はストーリーによって人生が大きく変化する性質があるんですね。

前世占やヒプノセラピーというのは、あなたの魂を主人公としたストーリーを

提供することだと思っています。

映画や小説、漫画で人生が変わる時は

そのキャラクターに自己投影して変わっていくのですが

前世占いでは目の前でカードを引いて自分の魂のストーリーをそのまま紐解いていくんですね。

だからこそ、それを知ることによって大きな変化を自分に起こすきっかけになるんです。

■前世は似顔絵!?前世占い師で似顔絵師だから思う超個人的な見解■

話はそれますが、私は前世占い以外にも似顔絵を描いているんです。

風景画家をしていて、イラストレーターでもあるのですが。

似顔絵も自分が主役なんですよ。

私というフィルターを通していますが、自分の顔が主役なので

お客様の反応が風景画やイラストに比べてメチャクチャ強いのです。

風景画も描いて個展をしてますが、そこでは

「わぁ~!キレイでね~~」

という反応なのですが、

似顔絵はそれの何十倍もの強烈な反応があります。

「キャ~~~!!可愛く描いてくれた~~~!!嬉しいですぅぅぅぅ!!!!」

くらいのテンションの違いです。

小さなの兄弟たちが目の前で完成した似顔絵を取り合ったったり

言葉に出さない男性陣もニヤニヤが止まらなかったり。

とっても絵描き冥利に尽きる仕事ではあるのですが、

あくまで自分が主役だからなんですね。私の実力というより。

私の腕は主役ではくて、お客様の喜びをより引きだす脇役です。

シンデレラではなくて、魔法使いなのです。

前世を占うときもそんな感じだと思っています。

人は自分が主役だと思うストーリーに強烈に影響されるのです。

小説、漫画よりも

自分が主役のストーリーなのでダイレクトに魂に響いてくるんですね。

▪️前世を信じて救われる人がいる▪️

今、生きているのが辛い人。

大きな失敗をしてもう終わりだと思っている人。

取りかえしのできない間違えを犯したと思っている人。

そういった方は、自分の

人生が一度きりだと思っているのではないでしょうか?

自分がこのまま、

何も成し遂げられないまま死んでしまったとしても

また生まれ変わって

やりなおすこができると考えたら

心が軽くなりませんか?

また、自分でもなぜだかわからない恐怖症や性格の癖なども

前世を見ることによって原因にたどりついたらアッサリと

手放せることもあるのです。

例えば

どうしても犬が怖い人がいます。

もう、チワワもこわい。

絶対噛んだりしないわかっている犬もこわい。

理屈じゃ説明できない恐怖症があったとします。

そんな時に前世占いをして

自分の前世では、3歳の頃犬に食い殺された過去があったとわかっりました。

そうすると、

人によっては、もうその恐怖を手放せる人がいます。

あんなに恐ろしかった犬が

怖くなくなる。

そこまでいかなっくても、

犬をみてビクビクしてしまう自分を許してあげることができます。

自分を責めなくなって恐怖症な自分をそのまま受け入れられるようになるのです。

■まとめ■

前世はあると思った方が人生が楽しく良くなると感じるのなら

その考えを採用すれがいいし、

無いと考えた方が人生が良くなると思うなら

その考えを採用すればいいのです。

どちらが正しい、間違っているということはないです。

自分にとって、前世の考え方が便利と思えるのなら

その考えを使ってみるのもありなんじゃないでしょうか?

ではまた

自分らしい生き方、魂の使命とは?今、どう生きてていいのかわからないあなたに

自分らしい生き方、魂の使命とはなんだろう?

そんなことも考えたことあったっけと、
毎日朝から晩まで大忙し。人のため、会社のため、家族のために
精一杯頑張ってませんか?

 

この記事を読むと、

今までのあてどもない自分探しの旅から解放されて、
本当の本当に自分の人生を生きられるようになります。

 

自分のことは後回しにして生きてきた私。

ふと、ある日気がつくと、
「私、何のために生まれてきたんだろう?私の本当にやりたかったことって何?」

どうしようもない無力感が襲ってきて…
なんだか気持ちだけが焦ってしまう。

SNSやテレビや雑誌でまわりを見ると、
同じ年の人達がみんなキラキラ輝いて自分のやりたいことをやって
素晴らしい人生を送っているように」見える。

このままの自分ではいけないと本屋さんに入って見てみると、
【魂の時代が始まった】
【アセンション!世界の次元が変わる】
【引き寄せの法則でお金持ちに!幸せに!成功者に!】

などのスピリチュアルな本があり、夢中で読んで、いろいろなセミナーに通ってみたり
色々な勉強会やビジネスのセミナー資格のセミナーで
一生懸命自分磨きをしてみたり。

本を読んでいる途中はいいけれど、セミナーに通っているときは

「すべてがうまくいっている」

気がするのだけど…

日常生活に戻ると今までとおんなじ生活。
お金だけが出て行って、
冷静に見てみると、
何も変わっていない自分がいる。

「なんだ・・・
結局わたしは変われないのか・・・・」

と静かな絶望を感じている日々。

そんな人が最近増えているようです。

 

何を隠そう、以前の私もそんな時期がありました。

 

そんな自分が心から変われた経験をシェアします。

 

 

簡単なことなのですが、本当に大事な根本的な第一歩のところを書いていきたいと思います。ぜひ、なんども読み返してみてくださいね。

■自分らしい生き方が出来ないのはなぜ?ヒントは自分を認めること■

私は
「今の自分のままではダメだ。もっとより良い自分にならなくては。」
「この本に書いてある方法で、このセミナーで変われるはずだ。」

なんどもそう思い、お金を出して学んできました。

その経験が無駄だったとはもちろん思いません。
その中でも、特に私を変えたのは
セミナーや本で得た知識よりも、
毎日を丁寧に生きながら、
今の自分の内側に丁寧に向き合うことでした。

私は【今、この瞬間】に意識を合わせることにより
いろんな角度から世界を見られるようになりました。

自分の人生を生きられるようになったと実感したのは、

「今、この瞬間、この自分、この状況が完全で、自分の欠点は直したり、問題と思っていることを直す必要はない」

と心から思ったときからでした。

 

■人生はあなたの思った通りになる■

よく「あなたの人生はあなたが思った通りになる」
という考え方がありますね。

 

引き寄せの法則などの本を読んだことがある人にはおなじみの考えかたかもしれません。

「そんなことはないよ!自分の思った通りにはなっていないじゃないか!」
という人は、その人が思っている通り

「人生は思い通りにならない」

という人生を送っています。

 

「人生は思い通りになる!」と心から思っている人は
その通りの人生を生きています。

自分は運がいいと思っている人は、
自分の経験の中で【運がいい】ことをより鮮明に覚えています。

そして、脳は【運がいい】と思えることを中心に発見する癖がつきます。

そうして運がいいと思っていることが確信に変わり、
本当に運がいい人が出来上がっていくのです。

運が悪い人も同じ仕組みで【運が悪い】を強化して出来上がります。

これは一般的に多くの人に知られている引き寄せの法則です。

■魂の使命を探せば探すほど、使命が見つからない現実を作っていくという落とし穴がある■

ただし、この引き寄せの法則には落とし穴があります。

「こうなりたい!」と表面の意識で思うと、
無意識の中に
「今、こうではない。」と言う反対の考えが入るのです。

 

新しい自分にならなければならないと思っている時点で

「今の自分ではダメ」という思いが見えないところで発生して、

「ダメな自分」を現実世界に作り出しているのです。

 

ええ〜!じゃぁどうしたらいいの?
そう思いますよね。

私も長年、そのことに悩んでいましたが、

ある日、フッと気がつきました。

以前から色々な本に書いてあって、知識としては頭にあった考えなのですが、
夜寝る前に瞑想をしている時にスコーンと腹に落ちました。

 

「自分はもともとありのままで完璧である。

完璧という前提に立つなら、問題が起こって見えるのは、
その問題の中で色々な経験を体験したかったので
自分が必要でわざとその問題を起こしているんだ。」

 

それに気がついた時、
今までの自分をまるっと受け入れることができました。

 

■自分の魂は、神様が分裂したもの■

人は生まれる前は神様の一部であったと言う考えがあります。

神様はなんでもできます。

なので神様だったあなたは、
出来ないという体験がしたかったのです。

だから、人として出来ないを体験するためのアトラクションとしてこの地球を作りました。

出来ないというアトラクションを体験するために生まれてきたのですから、
今までの不完全に思える自分は、出来ない自分を味わおうとした
神だった自分の思い通りだったのです。

だから、出来ないと感じている自分も完璧。
思い通り!

と言うような考え方を、私は採用してみることにしました。

すると、
「自分が完璧」「何も変えることはない」という安心感が生まれてきました。

 

そうすると不思議なのですが、
変えよう変えようと意識しなくても自分が変わってきたのです。

不完全な自分から完全な自分になるのではなく、
今の完全な自分から別の完全な自分へ変化していきました。

 

その変化には苦しさや切羽詰まった焦りの感情はなく

ただ、今、この瞬間を出来るだけ楽しんで味わおう。
そんな気持ちのを感じながら楽しく変化していきました。

今、この瞬間やりたいことをやって、自然とうまくいくようになったのです。

■自分の使命を探すことで使命が見つからない不完全な自分を作っていた■

そう、ここまでくるとなんとなくわかったきたのではないでしょうか?

あなたは、外側に使命ややることを探している限り、

今、この瞬間に私は不完全という隠れた思いを強化して、作り出していたのです。

 

では、あなたの本当の使命とは?

 

それは、今、この瞬間を味わって楽しむことです。

もしも今あなたが、変わらなくっちゃ!
と焦っていたら、

私からの提案があります。

それは、
「私は私のままで完璧」

と、まず自分の中で設定してみてください。

 

そして、完璧な自分の視点で今までのことは

「不完全さを味わうために神様の自分がわざわざ作った
出来ないジェットコースターに乗っていただけなんだ。
なら、この状況をとことん味わってみよう!

と、今の自分への不満やモヤモヤをまるっと体験し尽くしてみてください

 

外に解決を求めるでなく、
今、ここで自分を受け入れ感じてみる。

そうすると、その出来ないジェットコースターを味わい尽くして
飽きてきます。

飽きてきたらその後から、
これから本当に味わいたい感情をじっくり見つめてあげてください。

もし、味わった後で、読みたい本があったら、
話をきいみたい人がいたら、心に従ってやってみてもいいかもしれません。

これからこのブログでも
このような心の話をもう少し詳しく話していきます。

私の物語には、このような体験を通して心が軽くなった結果、
起こってきた沢山の奇跡に触れています。

少し長編ですが読んでみてくださいね。
私のストーリー①