【パソコンのコード整理で自分の価値観を変える方法】

パソコン周りの機材のコードってすぐに絡まってカオスになりますよね。

正直、あまり直視をしたく無いのですが、掃除始めちゃえばスッキリします。

コンセントをといているうちに頭の中の絡まっていた考えも紐解かれていき・・・
情けない失敗から、ある学びを得られたので、シェアしますね。

このブログの最後に書き出し式ワークもあります。
実行したら、今までよりも軽やかに本来の自分になれるようなワークです。
ぜひ実行してみてください、

■パソコン周りのコードの整理で重大なことに気がつく■

先週、大掃除の時に、掃除機にコードを引っ掛けて
自宅のwi-fiが繋がらなくなってしまいました。

仕方ないので、一本一本、コンセントを外して、解いていき、接続し直しました。

ところが、
なぜかwi-fiが付かないまま。

何度もいろいろな機材に接続し直したり
外したり試行錯誤をして20分ほど。

「やった!wi-fiがついたどー」

そこで気がつきました。

「アレ?このwi-fiの機械、いらないじゃん」

今までなんか、それが無くては
接続出来ないと思い込んでいたのですが、

プロバイダーとか変えてシステムが変わったのに、
もう不要になったwi-fiの機械をなんとなくの習慣で付けっ放しにしていたのです。

■人生のこんがらがったコードを解いていく■

これは人生にも同じことがあります。

子供の頃に身につけて、今は
もういらなくなった価値観。

ありませんか?

例えば

・自分は根気のない性格だ
・親の言うことには従わなくてはならな
・女は(男は)◯◯なものだ

などなど。

子供っていろいろなことに興味をもつから、根気がないのは特徴といってもいいのですが、それを親や先生に指摘されて、真に受けてしまった。

それを大人になった今でも
自分のアイデンティティにしてしまっていたたり。

コードを数ヶ月に一度、全部解いてつなぎ直すことで不要な機材を

■ノートに自分の思い込んでいる価値観一度書き出してみましょう■

箇条書きでいいので、

・子供の頃、親に落ち着きがないと言われた→自分は集中力がない
・兄弟で悪さをしても自分だけが怒られる→自分は人から愛されない

などなど。

書き出したら、じっくりと、なるべく他人になった振りで読み直してみてください。

 

・子どの頃、落ち着きがないのは、子供の特性であって、落ち着きがない子は沢山いる
大人になって、ずいぶん改善されたし、成長もしている。

など、発見があるはずです。

それを見つけるこが出来れば半分外れたも同然で、自然となりたい自分に変わって行けるようになります。

見つけることが出来なくても、書き出してみるだけで、
その感覚は客観視されます。

そうすると、謎のコントロール力が無くなり、身軽になってきます。

年の終わりや始まりにぴったりのワークです
ぜひやてみてくださいね。

ではまた