パワースポット

ハワイの隠れ家的スピリチュアルスポット『マカプウ・ヘイアウ・ヒーリングプール』

ハワイのオアフ島の東海岸にある隠れ家的ヒーリングスポットについて紹介します。

目の前に広がる海
クリスタルと同じ成分で出来た島
数々の連なるパワースポットにかこまれた、スペシャルな場所です。

『マカプウ・ヘイアウ・ヒーリングプール』

マカプウは名前で8つの目を持っている女神で
ヘイアウは石を並べたり積み上げたりしてできた遺跡
のそばにあるヒーリングプール

古代のハワイアンが病や様々な問題を浸かることによって癒したという海水の水たまりです。

ヘイアウの先に岩場の海岸があるのですが、そこに自然とできる潮溜り。

症状によって浸かる潮溜が違い、
古代、カフナ(神官)が病や問題を抱えている人を誘導して滞ったエネルギーを清めながら治療したそうです。

カフナ(神官)の禊(みそぎ)も行っていました。

海で禊をするのは、日本の神話でも有名ですよね。

そんなマカプウ・ヘイアウ・ヒーリングプールに私も浸かってきましたので、その時の体験をお伝えしたいと思います。

【いざ!ホノルルからバスでマカプウ・ヘイアウ・ヒーリングプールへ】


私はバスでワイキキからシー・ライフパーク・ハワイへと向かう路線に乗って
シー・ライフパーク・ハワイで降りて、きた道を引き返す形で行きました。

左手に、現地のハワイアンで盛り上がる秘境っぽいビーチを脇目に
車道を歩くこと20分。
駐車場につきました。

駐車場から向こうの海へ向かう細い道を降りて
ゴツゴツした岩場を歩いていくと

ポツンと1つの潮溜が。

周りには人っ子1人いなくて、
本当にここが聖地なのか、わかりませんした。

あちこちウロウロと歩き回ってそれっぽいところを探したのですが、見つからず、
結局く最初に見つけた潮溜がその場所なんだと気がつきました。

さっそく靴を脱いでつかってみると、外気と太陽に温められて少しぬるい海水です。

誰もいない中、波音に耳をすませながら目の前の海の向こうにある
2つの島をボーッと眺めていると
なんだか頭がスッキリしてきました。

体のなかのモヤモヤや詰まりがスルスルほどけて出て行くような不思議な感覚でした。

目の前の2つの島はラビットアイランドとタートルアイランド。

ラビットアイランドは花崗岩が主成分で大部分はクリスタルと同じ成分でできています。
そのクリスタルの島からのヒーリング効果がすごいのだとか。

7月上旬の平日の午前中に行ったのですが、本当に人がいません。

青い空、青い海に浮かぶ黒い島と白い島。

割と激しく波打つ波音と、鳥の声だけが響きます。

6月の日差しに、そろそろ日焼け止めを塗っていてもジリジリと肌が焼けていくのを感じた
30分ほどたった後、ヒーリングプールから足を上げて伸びをすると、
心と体がスーーーーっとしました。

【マカプウ・ヘイアウ・ヒーリングプールに行って・まとめ】

 

確かに癒しを感じました!

何より、ハワイの観光地、スピリチュアルスポットにありがちな人混みが全くなく、
本当に自然と一体になれるような静かな時間を過ごせたことがとてもよかったです。

古代のハワイアンもこんな感じで癒されていたのかなぁと思いを馳せることが出来ました。

まさに、隠れ家的パワースポット!

お勧めしておいてなんですが、あまり沢山の方に知られて欲しくない複雑な気持ちです。

見つけにくいかもしれませんが、オワフ島の東海岸にお越しの際はぜひ探してみてください。

ハワイアンアロハタロットにご興味のある方はこちら!

藍みつるの描いたハワイの明るい世界観のタロットカード
78枚のカードが貴方を癒し、未来へ導きます
ハワイアンアロハタロットの詳細