パワースポット

ハワイの小人が作った!?神話の聖地ヘイアウ

ハワイには沢山のヘイアウと呼ばれる石を積み重ねた遺跡があります。

パワースポットとしても有名なのですが、どのような場所なのでしょうか?

こちらの記事では神秘のベールに包まれたヘイアウの謎についてお伝えしていきます。

【ヘイアウの意味とは?】


(ハワイアンアロハタロット 聖地)

ヘイアウは古代はハワイアンにとっての聖地です。

神社や神殿のようなものですね。

古代ハワイは日本と同じ多神教。

万物に神が宿るという信仰があり、
神様の数だけヘイアウを作って祀ったのだとか。

石で作るもので、石を台のように積み上げた舞台のようなもの。
石を積んで壁のようにして周りを囲い、その中に大小様々な岩を配置してある物など色々なスタイルがあります。

一部ヘイアウでは生贄を捧げる儀式もされていました。
(オワフ島最大のヘイアウ。プウ・オ・マフカ・ヘイアウなどが有名)

日本の神社でお祈りする時のように、自分の願い事をするのではなく
神に感謝の祈りを捧げる場でした。

【ヘイアウの歴史】

古代からハワイアンによって信仰の聖地になっていたヘイアウですが、
1819年に統一ハワイ王国のカメハメハ2世によって作られたKAPU(様々なタブー)によって使われなくなりました。

しかし、
1970年以降起こった
『ハワイアンルネッサンス』
(キリスト教が入ってくる以前の古代ハワイの精神性の復活)
によって、フラやハワイアンカヌーの指導者達などから、再びヘイアウが注目されて尊重されるようになりました。

【ヘイアウを一晩で作る!?ハワイの小人メネフネ】


(ハワイアンアロハタロット THE HERMIT  メネフネ)

ハワイには沢山の神話があるのですが、その中でもよく出てくる小人「メネフネ」がいます。

メネフネは小さくて働き者。困った人を放っておっけないやさしい性格をした妖精です。
バナナが大好きで夜に活動します。

そして、皆んなが眠っている間に一晩でヘイアウを完成させてしまいます。
ハワイのあちこちにメネフネが作ったヘイアウがあります。

【ハワイのヘイアウまとめ】

ハワイのヘイアウは、古代ハワイアンんの自然信仰が息づく聖地です。

神社もそうですが、古くから人々との信仰を集めた場所は沢山のエネルギーに満ち溢れています。

ハワイに行ったらぜひ、ヘイアウに行って、この地にご縁があってこられた感謝を捧げましょう!

ひょっとしたら、メネフネが顔を出してくれるかもしれませんよ!

ハワイアンアロハタロットにご興味のある方はこちら!

藍みつるの描いたハワイの明るい世界観のタロットカード
78枚のカードが貴方を癒し、未来へ導きます
ハワイアンアロハタロットの詳細